出会い系でセフレにしやすい女性の特徴とは?

セックスフレンドを作るのは、簡単なことではありません。体だけの関係というものを嫌悪している女性もいますし、出会い系サイトなどには援交目当ての女性も多いので、タダでセックスさせてくれる人を探し当てるのはほぼ不可能といっていいくらいです。この状況ですから、セフレを作るのは恋人を作る以上に難しいのです。恋人を作ってしまっては、他の異性と自由に交遊し、セックスを存分に楽しむことができなくなってしまいますから、そこで妥協してはいけません。

それでは、出会い系サイトなどで、セフレにしやすい女性の特徴とはいったいどんなものなのでしょう。これは、「何を目的にするか」によって変わってきます。私の個人的な見解ではありますが、セフレを作るには、まずはその女性と会うことを目標にするのがよいと思います。サイトでのメールの段階でセフレになってもらうのを約束してもらうとか、とりあえずは援交しておいてそこからセフレを目指すとか、道はいくつかありますが、私の経験では、友達としてでもいいので、会って、デートすることを目標にすると、うまくいくことが多かったですね。

この方法を採れば、援交をする必要はありません。また、友達として会うということが、彼女にとっての「知らない男性と会うこと」へのハードルを低くするのです。ただ遊びに行くだけだし、会ってみてもいいかな、と思ってもらえるんですね。

さて、私のやり方でセックスフレンドを探す場合には、なんらかの理由から「寂しさ」を抱えている女性こそ、出会いターゲットにふさわしいといえます。たとえば、進学に伴い、田舎から都会へ引っ越してきた子だとか、彼氏と別れたばかりの子だとか。上京してきた人の周りには、それまで友達だった人々がほとんどいません。不安だらけの一人暮らしの中で、頼れる存在をたとえ出会い系サイトにでも探し求めてしまうのは、仕方のないことだといえましょう。ましてや、彼女らは女の子ですから、経済的にも精神的にも自分より安定していると思われる男性を、父親や、兄のように頼れる存在を求めてしまうのも、無理はないですね。

彼氏と別れたばかりの子は、腹いせ半分に、一刻も早く男をつくって、元彼を見返してやろうと考えています。同時に、それまで誰かと一緒だったのが、ひとりになってしまったことで、言いようのない不安感を彼女らは覚えているのです。そうして、出会い系サイトを使い始めるんですね。

これらの女性は、メールを送ると高確率で返事をくれますし、デートにまで漕ぎつけるのにそれほど時間はかかりませんし、セックスまで持っていくのにも苦労しません。そういった「寂しさ」を抱えた女性にメールをして、友達として会うこと。これこそが、セフレを作るに最も成功率の高いやり方なのです。